ピアノ調仕上げ

ソリッド色・メタリック色・パール色・シルク印刷・金箔砂子・金箔・蝶細

伝統工芸の漆塗りやピアノの重厚な塗装を金属製品に再現したのがこの「ピアノ調仕上げ」です。
クリヤーを塗り重ねることで塗膜の透明感を高め、鏡面光沢を強めてベース塗装をより一層高級感や豪華さを演出する表現仕上げです。

施工実績を見る

対象母材

スチール
アルミ
ステンレス

真鍮

母材表面

HL材
(ステンレス)

詳細

 真珠貝などの内側が綺麗なものを貼り付けて、それをゾロ(面一)になるように漆で塗りと磨きを繰り返したものが、当社の鏡面光沢を持ち、透明感のあるピアノ調仕上げです。工芸品やグランドピアノ、ギターなどの意匠性の高い楽器などに使われています。
木製品に対しての漆塗りの天然素材ではなく、透明な合成樹脂クリヤー塗料を使用してエレベータ扉や三方枠・意匠パネルなどの金属製品にエナメルソリッド色やメタリック色・パール色をベースに塗装し、シルク印刷・螺鈿(貝細工)・スズなどの金属・金箔などテクスチャーをつけ、より一層鏡面光沢や高級感を出した仕上げとなっております。

もっと知りたい方はクリヤー(ピアノ調・カラークリヤー含む)Q&Aコーナーへ

注意その他
  • 製作完了後(成型後処理)の表面処理なので、ピアノ調処理後の曲げやカット・穴あけは赤錆やクリヤー剥離の原因となります。
  • 加工製品寸法は幅1500㎜、長さ5500㎜、重量100㎏までを目安にお願いします。これ以上のサイズに関しては別途ご相談下さい。
  • ピアノ調仕上げは工場処理仕上げです。工事現場での現場施工は設備上・環境上さまざまな問題がありますので当社では補修以外の現場施工を行っておりません。
  • 補修に関しては共色によるタッチアップとします。傷がひどい場合は現場補修となります。
  • 表面のお手入れにベンジンやラッカーシンナーやスコッチ等はご使用にならないで下さい。 柔らかいウエスに中性洗剤にて定期的な水拭きと、その後水気を取るためにカラ拭きをお願いします。
  • ピアノ調塗装の意匠面に養生テープやガムテープなのど粘着性のテープを貼る事は、ピアノ調皮膜やクリヤー剥離の原因となりますので、現場でのご配慮をお願いします。
  • 箔(金箔砂子)や螺鈿・シルク印刷に関しましては、別途お打ち合わせをお願いします。
  • 色調や柄に関しては1品1品が手作業であることと、天然変化を活かす仕上げである2点の為に見本とイメージが変わったり、多少の色差が発生する場合があります。