光栄プロテック塗装用語集

ピンホール

塗膜に針で突いたような小さな穴で、素地まで達しているもの。
焼付塗装の際に、急激に加熱乾燥すると起こる場合がある。塗料をシンナーで薄めすぎた場合や蒸発の早いシンナーを使用した場合、製品が冷えている場合、吹き付けエアが冷えている場合、一度に厚塗りした場合などに出やすい。
対策は、セッティング時間を十分にとって、低沸点のシンナー(溶剤)を蒸発させてから加熱乾燥をする。ライン設計などはあらかじめ自動塗装完了後乾燥炉に入るまでのセッティング時間を計算して、ラインの長さを決めておく。
製品をあらかじめ暖めておいたり、エアドライヤーなどの装置でエアの水分や温度を調節したり、リターダのような高沸点溶剤を添加してシンナーの蒸発を調整し、塗出量を調整し、一度に厚塗りをしないように調整すること。

用語集全体へ戻る