光栄プロテック塗装用語集

亜鉛メッキ

亜鉛メッキには溶融亜鉛メッキと電気亜鉛メッキに大別される。ただし付着性が良くないので、クロム酸塩やリン酸塩などの化成処理後塗装を行う。
密着不良を起こす原因としては

1)メッキ表面には表面調整用の塩化アンモニウムや塩化亜鉛などの添加剤が残留しており、塗膜を透過した水に溶解して付着を阻害する。

2)亜鉛は水と反応して水酸化亜鉛を生成し、付着を阻害する。

3)メッキ表面に暴露中に生じた白さびが塗装時に残存していると付着低下をもたらす。対策はメッキ面の有害不純物の除去や面粗しのためにブラスト処理や機械研磨によるペーパー掛けを行う。化成処理後の塗装は出来る限り期間を置かないで塗装する。

用語集全体へ戻る