光栄プロテック塗装用語集

碁盤目付着性テスト

塗膜面にカッター刃で素地に達する等間隔の平行線11本を引き、それらを垂直に交わる等間隔の平行線を11本を引いて正方形100個を作る。(通常は1㎜間隔。膜厚の厚い場合は2㎜間隔)
この上に粘着テープ(幅24㎜)を気泡が含まれないように貼る。
テープの端を持って急激に引っ張り、試験片からテープを剥がして、その100個の正方形の内いくつ剥れたかで塗膜の付着性を判断する検査の1つ。

用語集全体へ戻る