光栄プロテック塗装用語集

鉛筆硬度

硬度の違う鉛筆を塗膜に、一定の条件で押し付けて鉛筆硬度を測定する方法。
45°の角度に保たれた鉛筆の先が塗装面に対して約750gの荷重がかかるように設置し、0.5~1㎜/秒の速度で10㎜程度の距離を推し進める。塗面を見て傷跡を調べる。
3㎜以上の傷跡が生じるまで硬度を上げて試験を繰り返す。傷跡と生じなかった最も硬い鉛筆の硬度をその塗膜の鉛筆硬度という。

用語集全体へ戻る