年号

歴史

1953年

現会長の道下が石川県より上京し、光陽ブロンジングの職人として株式会社田島順三製作所 板橋工場にて勤務を始める。

1962年

東京から大阪の豊中市へ移り、個人経営の光栄塗装として株式会社田島順三製作所の現場仕上げ工事を請け負う。

1976年

拠点を大阪の枚方市(現本社)に移し、ここに本社工場を建設する。建築金物・サッシ製造大手の株式会社田島順三製作所及び田島メタルワーク株式会社の協力工場として稼動する。

1981年

塗装工事業の大阪府知事許可を受ける。

1985年

株式会社へ改組する。 乾燥炉を設備し、これをもって株式会社光栄塗装とする。

1989年

株式会社田島順三製作所より優秀協力工場として表彰を受ける。

1992年

塗装ブース及び乾燥炉を改造設備する。 現場仕上げから工場塗装生産へと舵を切る。

1993年

香港のペニンシュラホテルのエレベータ扉・三方枠・幕板を硫化イブシ仕上げし、評価を得る。

1994年

社員の新卒採用を開始する。 資本金を増資し、1,000万円とする。

1995年

営業事務所を本社工場内に設置し、同時に営業活動を開始する。 枚方東部企業団地事務局の推薦により、枚方市市長より産業振興における貢献中小企業ということで表彰を受ける。

1997年

社名を株式会社光栄プロテックへ変更を行う。 第2工場用地を近隣地(団地内)で取得する。

1998年

三菱電機株式会社 稲沢製作所の認定工場認可に伴う工場査察により乾燥炉及び工場の改造を行う。

1999年

三菱電機株式会社 稲沢製作所の3F(標準塗装)の認定に合格する。又4F・5F(高級塗装)の認定にも合格する。 エレベータ塗装の分野に本格的に参入する。

2000年

第2工場にライン設置用の工場を増築する。

2001年

第2工場にライン(自動塗装一環ライン)を設備する。

2003年

三菱電機ビルテクノサービス株式会社の登録業者として基本契約を締結する。 エレベータの現場塗装に参入する。

2004年

フジテック株式会社の協力業者として基本契約を締結する。 大日本スクリーン製造株式会社の2次下請け業者として半導体製品のクリヤー塗装に参入する。

2006年

電車車両の内装パネルや手摺り・ドアなどの製品塗装の分野に参入する。

2007年

シンガポール向け観覧車(三菱重工株式会社製造)の塗装に参加する。

2008年

現会長の道下から三田が社長として就任する。 近畿車輛株式会社の協力業者として基本契約を締結する。 ナブテスコ株式会社の2次下請け業者としてオートゲートドアの試作に参加し、好評を得る。 当社の社内報の発行を開始する。又ホームページ作成に着手する。

2009年

第2工場に3番目のブースとして塗装ブース及びバッチ式乾燥炉を新たに設備する。(第3ブース)

2010年

創立25周年記念祝賀会を京都都ホテルにて開催する。(創業は48周年)

2011年

本社内に営業室を新設し、営業強化を図る。

2012年

商工会議所主催の関西三都ビジネスフェア2012に初出展する。
枚方市企画(K-CAT製作)のケーブルテレビ
「産業いきいき!ヒト・モノ・ワザ」に出演決定する。
創業50周年を迎える。

2013年

京都都立博物館の壁面パネルおよび6mのルーパー金物の真鍮硫化いぶし仕上げを行い評価を得る。また京都リッツカールトンの浴室の桜パネルを砂岩調塗装にて完成させ評価を得る。

2014年

板橋区に東京営業所を開設する。大阪第2工場に天井クレーンを新設する。