blogトップに戻る

新表面処理の発表

2012.6.16    カテゴリー:

 

ご無沙汰しておりました。


三田の写真


ブログを楽しみにして頂いている<奇特な>お方もおられると聞き、
うれしく思います。
間を空けずに頑張りますので、応援よろしくお願いします。


いつも新しい仕事のアイデアはお客様から
頂くことが多いのですが、今回も同様です。
『スチールやステンレス、そしてアルミに硫化イブシ風が出来ないか?』
と言う要望には、表面加工が
ヘアライン(直線で髪の毛のような研磨痕)のみで応えていました。
最近はヘアラインだけではなく、
『バイブレーションもしくはスリーSの
 表面加工(アトランダムな渦巻き模様の研磨痕)が出来ないか?』
と言う要望が増えておりました。
ヘアラインに比べ、バイブレーションを硫化調塗装で表現することは
技術的に難しく今まではずっとお断りしていました。
その間も、ライバル会社はあの手この手で
バイブの硫化調を出されていたかもしれません。(もったいない)

今回もお客様にそのような要望をいただきました。
無下にお断りできないので、一旦会社へ持ち帰りました。
家に帰って「トライしよう」と腹を決め、
次の日、会長にその話をそれとなく投げかけました。
「ステンレスにバイブレーション調で硫化イブシ調にしたいのだが可能か?」
と…。
会長は『難しいな…』と言ったきりでした。
そうこうしている間に、
新規顧客への営業やブログでも紹介させていただいた
O社の社長さんのところへ伺ったりして忙しく、
そのことを忘れていました。

ある日の朝会で、N班長が
『会長が新しい製品の取り組みをしている。試行錯誤してやっている。
 自分達もいくつになってもそういう取り組みをしなければならない』
という主旨の話をしてくれておりました。
そこで会長が硫化イブシ調塗装のバイブレーション仕上げ
チャレンジしてくれていることを初めて確認しました。
この前、本赤錆仕上げで四苦八苦し、なおかつ失敗に至った残り板を使って
試作を進めてくれていました。
あまりに無駄のない試作に関心と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ということで
当社の『硫化イブシ色バイブレーション仕上げ』ぜひ、見てください。


ちなみに生地はこれです。






スチール板による写真奥から真鍮風バイブ硫化・
中央 ブロンズ風バイブ硫化・手前 銅風バイブ硫化






銅風バイブ硫化色仕上げ






真鍮風バイブ硫化色仕上げ






ブロンズ風バイブ硫化色仕上げ




最後にぜひこれをPRしたく考えております。
皆様の問い合わせをぜひお待ちしております。


 これをどうぞよろしく 三田でした。







 

久しぶりのブログ更新(心斎橋編)

2012.6.1    カテゴリー:

しばらくブログにかかれる状態ではなかった(自分の器が狭い)為に、
間が空いた事をお詫び申し上げます。

当社の事務長より、コンピュータで『硫化いぶし』を検索すると
新参会社(失礼)で当社より上にヒットするところがあるとの情報を受けました。
観葉植物やペットと同じように気をつけて目をかけていないと
たちまちダメにしてしまうこと、まめにブログや写真を更新して
新たなページをクリエートしていないといけないことを感じ、
取り急ぎ文章を書いております。
(楽しみに見ていただいている方もおられるので頑張ります)

本日は、大阪市内のお客様のところへ行く機会がありましたので
以前仕上げた製品の状態(経年変化)の確認や、最近ネット経由で
仕事を依頼していただいたK社様の据え付いた状態を見るために
心斎橋に寄ることにしました。ネットで当社を認知していただき、
実際に仕事につながった第1号のお客様です。
今後とも宜しくお願い致します。



これは、ロゴのある部分の看板をピアノ調塗装(ブラック色)にて仕上げたものです。
(ロゴ付幕板)








工場で仕上げたときの写真が次の写真です。








これは硫化いぶし及びカラークリヤー仕上げです。
(FIX枠・幕板・看板・腰パネル)






これも、硫化いぶし仕上げです。(3方枠部分)






心斎橋には、この他のスーパーブランドで
当社が仕上げたものが多数あります。
機会を見てブログに載せていきます。

現在、『硫化いぶし』と『石目調塗装』『赤錆仕上げ・塗装』
『カラークリヤー磨き』『木材磨き』など
特殊な意匠品の見本製作を同時進行しております。
大きな案件からこじんまりしたものまで様々ですが、
当社本来の『仕上げのパイオニア』としての
本領発揮の年にしたいと考えております。
それと同時に、納期対応力と営業力を外向けの目標として
より一層頑張りたく思います。



思いがけない鉄人との出会い ②

2012.2.27    カテゴリー:

初対面の私に対してM部長は、本当に親しくまた誠実に
いろいろな話をして下さいました。
業績不振のガソリンスタンドの再建人として活躍されたこと。
業績不振のスタンドの共通点は、トップが悪いということ。
つまりトップがお客様本位の気持ちで経営していないことと
率先遂行していないこと。
トップが替わってお客様本位の経営者が来れば
そのスタンドは必ず繁盛店になる。などなど…
その後、椎間板を悪くされガソリン業界から引退したのち
小さな板金屋で世話になったことが現在の礎になられたようです。
その会社で出会った4人の方と
今の会社をスタートさせた旨の話をされていました。

おっしゃったことの主旨を列挙します。(M部長の武勇伝)

①4人で始めた社員規模が今では180名までになったこと

②月商250万のときから月商1億円をイメージして
  売上を増やしてきたこと(現在は1億を超えている)

③営業の専任はいらない、自分のところも営業はいない。
 品質・納期対応が工場にとっての大切な営業であるということ

④お客様の気持ちに入ること、その人に信用されようと努力すること

⑤品質と納期がお客様との一番の信頼であること

⑥トップは会社へ一番に来て、一番最後に帰宅すること
 (トップが早く帰っていたらダメ)

⑦『為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』
 (上杉鷹山の名言です。)

⑧しっかりと目標を見失わないこと

⑨お客様の目線で物事を考えること

⑩経営者はどれだけ先を読んでいくかが大切であること
 (楽をしていると見えない)

⑪自分の器でしか会社は大きくならないこと

⑫率先遂行すること

⑬自分の思いをしっかりと社員に伝え想いを共有し、共感を得ること
 (自分は毎朝朝礼を行い、自分の思いを伝えている)


他にもさまざまなことをお話になりましたが、
私が印象に残った言葉をまとめてみました。

そして、最後に個人的な意見として

「売上が伸び悩んでいる。その原因は何か?」

と尋ねたところM部長は即座におっしゃいました。

「君は、自分で現状に満足している(甘んじている)。
 これじゃダメだと本気で思っていない。
 満足した時点で人はそれ以上伸びてこない。だからいつでも
 ハングリーでいたほうが良い。」

この方以外にも、売上などを驚異的に伸ばしてこられた経営者の方はおられます。
しかし、そのやってこられたことを、このように惜しげもなく
話して下さる方はそうおられないと思います。
普通は言う必要もないし、言ってもその方が受け入れるかどうかは疑問だからです。
でもM部長はそうではなく、
上に立つ者の心構えを生の声として聞かせて下さいました。
自分自身もこれからそのような人とまた出会えるよう精進していくことと、
この出会いをアシストして下さったN所長に本当に感謝の一日でした。


思いがけない鉄人との出会い ① (営業中での出会い)

2012.2.18    カテゴリー:

いつもお世話になっているT商店のN所長から、
新規取引先に伺ったらどうでしょうと言うことで
先日、M部長を紹介していただきました。
N所長が「面白い方ですよ」とおっしゃっていたので楽しみにしておりました。
次の日早速、教えていただいた番号に電話をかけさせていただきました。
M部長から、

『私は通常、三重の事業所に行っている。
    金曜日に京都へ戻るので午前10時ごろに時間を作る。』

と言っていただけました。
様子では、工場を京都と三重に持っておられ
そこを行き来されているようでした。
約束の当日、私は朝一番に滋賀のお客様へお届けがあり、
そのお客様の工場から出るのが少し遅くなりました。
この時間からでは、10時に京都は難しくなりそうです。
そこで、M部長へ少し遅れる旨の電話を入れました。

『申し訳ありません、お約束させていただいた時間を少しこえそうなのですが…』

すると、声のトーンが急に上がり

『あなたが会いたいと言うからわざわざ10時に時間を作り三重から京都へ来ているのだ。
 遅れるとはどういうことだ!』

「ああそうですか」という甘い対応をしていただけると考えていた私は
頭をバットで殴られたようなショックを受けました。
M部長のおっしゃるとおりだ。自分が会いたいと言って時間を作ってもらったのに、
その時間に遅れるとは…なんと自分本位なんだ、と冷や汗をかきながら
急ぎに急いで、あと15分程度で到着するところまで来ましたので
再度電話を入れることにしました。
ここで「もう結構、時間のルーズな業者とは会わない」と言われたら、
潔くあきらめようと思っていました。
しかし意外にも、電話の向こう口で「わかった。待ってます。」と言っていただけたのです。
階段を上り、事務所を開けましたら、
一目でその人だとわかるオーラを放ったM部長がおられました。
M部長は「どうぞ」とおっしゃって食堂のテーブルまで案内して下さいました。

硫化いぶし仕上げ (真鍮製パイプ)

2012.2.13    カテゴリー:

スーパーブランドの出入口建具に付く真鍮製のハンドル(手摺)の
硫化いぶし仕上げを施工しましたので写真をアップいたします。
お客様にもたいへん喜んで頂きました。
表面処理前と後の画像です。




硫化いぶし前の真鍮製の手摺




硫化いぶし処理後の手摺 (全体図1)


(全体図2)




硫化いぶし処理後の手摺 (拡大図)


« 前ページへ 次ページへ »